ダイエット食品の「トクホ」と「機能性表示食品」の違い

ダイエットに関するいろんな商品を探している時、よく目にするのが、「特定保健用食品」(通称:トクホ)です。

そして最近、急激に商品数が増え、よく目にするのは「機能性表示食品」というもの。

  • これら2つの分類にはどのような違いがあるのか・・・?
  • 私たちは、サプリ選びにどう活かすのが正解か?

 

少しかみ砕いて説明したいと思います。

まず両者とも、消費者庁に届けられたのちに受理され、機能の表示をすることができる商品ということは共通しています。

一方、両者の違いは、

  • トクホは、その商品「個別に」審査がなされ、消費者庁長官が許可した。
  • 機能性表示食品は、事業者の責任により機能性を届け出し、受理された。

 

要するに、国が個別審査したかどうかの違いです。

そして、トクホは国の機関が「個別に」機能の真否を審査するので、信頼性が高い商品と言えます。

機能性表示食品は、「事業者の責任で」機能を届け出ることが可能なので、トクホに比べると信頼性は落ちます。

勝手に機能性表示しちゃえ!はNG

しかし、なんでもかんでも機能を届け出すれば受理されるわけではありません。勝手に「●●病に効果あり」なんてパッケージ表示されたら困るわけです。消費者に誤認させてしまいますからね。(※薬機法や景品表示法などで取り締まられます)

 

届けられた機能性には、きちんとした科学的根拠が無いと受理されません。(例えば、含まれる成分が、大学の研究チームによって、脂肪を減らす一定の効果が検証されたとか)

そういったバックデータを同時に提出しないと、受理されることはありません。

 

ですから、トクホには及ばないものの、機能性表示食品には科学的根拠を有し「一定の信頼性がある」と言えます。

近年、機能性表示食品が増えている理由

ずばり、トクホを申請し受理されるよりも、コストが圧倒的に安いからです。

トクホに比べ、圧倒的な低コストで「機能性」を表示することができます。そして、販売価格もトクホより、かなり安価なケースが多いという事実があります。

賢いサプリの選び方

では、トクホと機能性表示食品のどちらを選べばいいのでしょうか??

ケースバイケースだと思いますが、

  • 信頼性にこだわる → トクホ
  • コスパにこだわる → 機能性表示食品

 

というのを、1つの選び方の基準とすれば良いと思います。

ただ、どうしても選びきれない場合は、私としては「機能性表示食品」を選べばいいのでは??と思います。

 

ちょっとニュアンスは異なりますが、「ジェネリック」みたいなもんですね。

 

1つ例を挙げると、「葛の花由来のイソフラボン」の「お腹の脂肪を減らす」という機能。

研究報告結果をもとに、それを根拠として、複数の後発サプリが発売されています。

  • シボヘール
  • ヘラスリム
  • onaka
  • イージースムージーグリーン
  • 青汁ダイエットン
  • etc・・・(もっとあると思う)

 

これらの商品はいずれも、機能性の「関与成分」として、葛の花由来のイソフラボンを採用しています。(複数の機能性を表示している場合、この1種類とは限らない)

 

このように、同一関与成分で「複数」の商品が発売されるので、コスト競争も生まれ、私たち消費者としてはうれしい限りです。

ですから、迷ったらコスパを考え、機能性表示食品をお勧めしているわけです(笑)

 

 

シボヘールと防風通聖散。私の常用サプリです!

実は私。

ダイエットサプリマニアで、結構いろんなサプリを知っていますし、これまでたくさん試してきました。

かなり効果を感じたものから、全くもって「なんだこりゃ!?効果無し。むしろ体重増えた!」という残念なサプリまで、いろいろ試してきました。

 

残念なサプリを挙げればキリがないので、今回は私が「このサプリは選んで正解ッ!」という商品を2つだけ紹介したいと思います。

 

まず、その2つですが、

  • 生漢煎【防風通聖散】
  • シボヘール

 

この2つは間違いなく「ハイクオリティなヤツら」です。

では、少し商品の紹介を!

生漢煎【防風通聖散】の特徴

まずですね、この商品は「医薬品」なんですね。

漢方を配合した第二類医薬品で「お腹の脂肪を減らす効果効能」が認められています。だから間違いないわけ(笑)医薬品でもダメなら、もうアンタの下っ腹 終わりでしょ?って感じです。

 

ただ、第類の医薬品なので、第三類の医薬品に比べ、副作用のリスクは大きくなります。確かに効くのですが、ずっと飲み続けるのは抵抗があるかも。。(←というか、私がそうでした。

 

だから使うポイントとしては。お盆や正月などの食べ過ぎ&動かなさすぎで「下っ腹がやばくなってきたと思った時期をピンポイントで!」

期間を決めて、この商品に頼ってしまうことがお勧めです。

ダラダラと飲み続けるのは、いくら漢方とはいえ、私は抵抗がありました。目安として1週間ぐらいでしょうかね。

  • 効果が表れ始めたら、止める(笑)→そして、また正月の時期が来たら始める

 

という使い方をしています。この商品はピンポイント使いに優れていますが、普段使いにはあまり向かないかも・・・。

なので、普段は次に説明する「シボヘール」を常用しています。

シボヘールの特徴

こちらは「機能性表示食品」なので、毎日続けても安心です。葛の花由来のイソフラボンが関与成分で、女性の美容にとってもオススメできる商品ですね。

 

私の普段のお供です(笑)

 

食品とは言え、その機能性(=お腹の脂肪を減らす)が消費者庁に届け出受理されているので、その点は安心して使用できますね☆☆

お値段もリーズナブルで、毎月定期便で継続している私にとっては「お財布にも優しくて」助かっています♪♪♪

ダイエットを諦めないで継続するコツ!正しく脂肪燃焼!

ダイエットって続かないっ!!

諦めないで継続するポイントをまとめてみました!

一番大切なこと。

ずばり

とにかく諦めないこと。

 

ええ。。確かにその通り、最終的にはコレ↑なんですよね。

なんか精神論のような感じになってしまいましたが。。。初めの内は結果が出ないと思います。

でもそこで諦めたら試合終了です(笑)

とはいえ、このような精神論だけでダイエットを成功させることができるのであれば、ライザップなどのパーソナルジムが流行るはずがない(笑)

私が考える最も身近でお手軽な方法は、

・・・

 

「超短期の目標を設定し、毎日愚直にこなしていくこと」

 

です!!!

 

具体的に超短期目標とは、1日単位の目標のことを指します。

1日の目標を月間単位で決めてしまい、それを達成できたかどうかを記録につけていく方法ですね☆☆

痩せた痩せないではなく、その目標を達成(実行)できたか、できなかったか?という点に焦点を当てて脂肪燃焼に取り組んでいくことが大切です。

 

抽象的な話になってしまいましたね・・

少し具体的に述べたいと思います。以下の手順で行います。

  1. 日々の目標を前月末に決めておく。
  2. 実行できたか記録&体重や体脂肪率も記録する
  3. 結果を考察する

 

それでは1つずつ解説していきたいと思います。

日々の目標を前月末に決める

その日何をするのか?ということを月末に決めてしまいます。

基本的にアバウトでOKです。例えば、

  • 月曜日は夜炭水化物を食べない。
  • 火曜日はランニング3km
  • 水曜日はアルコールを控える
  • 木曜日はウォーキング3km
  • 金曜日は夜炭水化物を食べない
  • 土曜日は朝にヨガストレッチ&トレーニングを行う
  • 日曜日はなるべく電車を使わず移動する

 

こんな感じでアバウトでOKなんです。大切なのは、その日の具体的目標があるかどうかですから。結果を記録するうえで非常に大切なことです。

実行できたか記録&体重や体脂肪率も記録

目標が決まったら、日々それを実践するのみです。そして、達成できたかどうかを記録すること。同時にその日の体重や体脂肪といった「目標指標」も記録しておきます。

 

大事なのは、目標を達成できたかできなかったか、と、それを記録することです。

要するに、体重が減った減らなかったよりも、まずは目標に対しそれを達成したのかしていないのか、見える化し、自分の達成状況を客観視することです。

まずは、体重うんぬんは置いといて、「目標を実行する」ことを第一に考えてください!!

結果の考察

ここで初めて、結果=体重や体脂肪の推移を考察する段階に入ります。

まず、目標をきちんと実行できたかを確認して下さい。目標を達成できていないのに体重が減っていないと嘆いているのであれば、もう一度、次月も同じことをやり直しです。やるべきことをやっていいないのに、結果が出ていないなどと嘆くのは甘えでしかありませんよね??

もし、きちんと目標を実行できているのに、思うように結果が出ていないのであれば、

  • まず3ヶ月は様子を見る
  • それでもだめなら、目標の「内容」を変える

 

ダイエットって短期間で成果を出すのはなかなか困難です(だからパーソナルジムが流行るわけね)まずは、3カ月ほどは愚直にメニューをこなしてみましょう。

 

それでも望ましい結果が出ていないのであれば、トレーニングメニューを変更すべきです。そもそも目標をきちんと達成しているのに痩せないということは、そのメニュー自体が間違っている可能性があります。

もう少し目標を高く、ハードなメニューにしましょう!