ダイエット食品の「トクホ」と「機能性表示食品」の違い

ダイエットに関するいろんな商品を探している時、よく目にするのが、「特定保健用食品」(通称:トクホ)です。

そして最近、急激に商品数が増え、よく目にするのは「機能性表示食品」というもの。

  • これら2つの分類にはどのような違いがあるのか・・・?
  • 私たちは、サプリ選びにどう活かすのが正解か?

 

少しかみ砕いて説明したいと思います。

まず両者とも、消費者庁に届けられたのちに受理され、機能の表示をすることができる商品ということは共通しています。

一方、両者の違いは、

  • トクホは、その商品「個別に」審査がなされ、消費者庁長官が許可した。
  • 機能性表示食品は、事業者の責任により機能性を届け出し、受理された。

 

要するに、国が個別審査したかどうかの違いです。

そして、トクホは国の機関が「個別に」機能の真否を審査するので、信頼性が高い商品と言えます。

機能性表示食品は、「事業者の責任で」機能を届け出ることが可能なので、トクホに比べると信頼性は落ちます。

勝手に機能性表示しちゃえ!はNG

しかし、なんでもかんでも機能を届け出すれば受理されるわけではありません。勝手に「●●病に効果あり」なんてパッケージ表示されたら困るわけです。消費者に誤認させてしまいますからね。(※薬機法や景品表示法などで取り締まられます)

 

届けられた機能性には、きちんとした科学的根拠が無いと受理されません。(例えば、含まれる成分が、大学の研究チームによって、脂肪を減らす一定の効果が検証されたとか)

そういったバックデータを同時に提出しないと、受理されることはありません。

 

ですから、トクホには及ばないものの、機能性表示食品には科学的根拠を有し「一定の信頼性がある」と言えます。

近年、機能性表示食品が増えている理由

ずばり、トクホを申請し受理されるよりも、コストが圧倒的に安いからです。

トクホに比べ、圧倒的な低コストで「機能性」を表示することができます。そして、販売価格もトクホより、かなり安価なケースが多いという事実があります。

賢いサプリの選び方

では、トクホと機能性表示食品のどちらを選べばいいのでしょうか??

ケースバイケースだと思いますが、

  • 信頼性にこだわる → トクホ
  • コスパにこだわる → 機能性表示食品

 

というのを、1つの選び方の基準とすれば良いと思います。

ただ、どうしても選びきれない場合は、私としては「機能性表示食品」を選べばいいのでは??と思います。

 

ちょっとニュアンスは異なりますが、「ジェネリック」みたいなもんですね。

 

1つ例を挙げると、「葛の花由来のイソフラボン」の「お腹の脂肪を減らす」という機能。

研究報告結果をもとに、それを根拠として、複数の後発サプリが発売されています。

  • シボヘール
  • ヘラスリム
  • onaka
  • イージースムージーグリーン
  • 青汁ダイエットン
  • etc・・・(もっとあると思う)

 

これらの商品はいずれも、機能性の「関与成分」として、葛の花由来のイソフラボンを採用しています。(複数の機能性を表示している場合、この1種類とは限らない)

 

このように、同一関与成分で「複数」の商品が発売されるので、コスト競争も生まれ、私たち消費者としてはうれしい限りです。

ですから、迷ったらコスパを考え、機能性表示食品をお勧めしているわけです(笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です